新宿や六本木、華やかな歓楽街の花は、夜の世界の女性たちキャバクラ嬢

>

No1キャバ嬢は、ビジネスシーンのキャリアウーマンに匹敵する

夜の仕事で「昼の世界を知らない」では駄目

古い言葉かもしれませんが、キャバクラなどを「夜の社交場」と古き良き昭和の時代には、言っていました。
今では、あまり使わなくなった言葉ですが、その意味合いには、現代に通じるものがあります。
奥野流に言いますと、キャバクラ嬢という仕事に対して、本気で取り組むタイプで、お客様から可愛がられる性格の良さを兼ね備え、特に、「日中、働いて夜飲みに来る人がほとんどなので、そういう状況を理解して、その場の空気が読める」ことが売れるキャバ嬢の条件になります。
どんな仕事でもそうでしょうが、相手の方の状況を理解しないと空気も読めませんし、(進んで昼の世界のことも経験しないで)狭い自分だけの考えでは、仕事はつづけられません。

キャバ嬢をプロデュースする

奥野氏が「伝説のスカウトマン」と言われる所以は、「伝説のキャバ嬢」を世に送り出したプロデューサーでもあるからと言われています。
数多くのNo1キャバ嬢を育ててきました奥野氏ですが、プロデューサーとして、「女性の気持ちが分かること」を念頭に置き、「その子に合うお店を見極めて紹介するように、真正面から向き合えるような関係」を心掛けているというところに、相手を慮る気遣いを感じます。
特に、そのスカウトマンとしての信条が「女性の人生を預かること」にあり、「無理に向いていない女の子をお店に押し込んだりしないで、責任を持つ」というように、人対人の人間関係を重視しているからこそ、キャバ嬢のナンバーワンを育てられるのかもしれません。