新宿や六本木、華やかな歓楽街の花は、夜の世界の女性たちキャバクラ嬢

>

男も女も関係なく、成功する人には共通するものがある

昼間の仕事との融合

過労死など、働く職場環境の問題が取りざたされており、新たな「働き方改革」(通称)といった法律まで整備されました。
その中にも組み込まれているものですが、企業が社員の「副業」を認めるようになってきたことです。
若い世代にとって、将来の社会保障を含めて、どうしても不安視されている中、今の仕事をつづけながら、副業で収入を補い、多少でも将来へ備えたいという気持ちにこたえるもののようです。
そういう社会の環境が大きく変わって、夜の世界にも、昼間の仕事を終えて、積極的に働こうとする女性たちが増えてきています。
まだ、キャバクラまでは、副業が広がっているとは言えないでしょうが、ワインバーや日本酒のお店などで、ソムリエに資格を持った女性ママが活躍しているところがテレビ放映されるようになりました。

偏見がなくなるお仕事に

かつてあったことですが、あるテレビ局のアナウンサー採用で、学生時代にホステスの経験があることが問題視され、話題になりました。
最終的に、テレビ局が女性アナウンサーを採用しましたが、これは、重要な問題をはらんでいて、「職業選択の自由」という憲法にも触れそうなことでした。
このことで夜の仕事に対する偏見がなくなったか、と言えば、それはまだ遠い世界のようです。
ただ、言えることは、奥野氏が取り組んでいる「キャバ求」のようなキャバクラ嬢の求人あっ旋がもっとポピュラーなものになって、まさしく「夜の社交場」として、接客を通し、マナーや常識、男性との会話、立ち居振る舞いなどを磨く、魅力的な女性のお仕事になれば、男性にとってもこの上ないことでしょう。